真性包茎の手術内容

それでは、真性包茎によるリスクを回避、改善するにはどうしたら良いのかといえば、方法は手術する以外にありません。真性包茎は手術することによって改善が可能ですから、真剣に悩んでいる方はぜひ視野に入れるべきでしょう。真性包茎の場合は包皮輪が狭いため亀頭を露出できない状態であるため、手術ではこの包皮輪を除去します。多くの場合、亀頭直下埋没法と呼ばれる手術が用いられる傾向にあります。

この亀頭直下埋没法は現在多くの泌尿器科、包茎治療専門クリニックでも採用している方法となります。手術の傷が目立ってしまうのではないか、という不安を抱いている方もいるかもしれませんが、この手術法の場合は傷が亀頭の真下のしわに隠れるようになるため傷跡が目立つことはありません。絶対にバレる心配はない、とまでは断言できないものの、高い確率で手術したことはバレないため安心でしょう。手術は病院の泌尿器科、もしくは包茎治療専門クリニックで受けられますが、泌尿器科は保険が適用され専門クリニックは保険適用外となります。ただ、専門クリニックは費用こそ高いものの包茎治療を専門としているため、技術面でより信用をおけるということがメリットです。