真性包茎を放っておくリスク

真性包茎を放置しておくことで生じるリスクはいくつも挙げられます。まず、真性包茎だといかなるときも亀頭が皮に包まれているため恥垢が溜まりやすいというデメリットがあります。恥垢が溜まってしまうと単純に衛生的にも良くありませんし、恥垢が悪臭の原因にもなってしまいます。包茎が嫌われると言われる大きな原因の一つが、この悪臭と言っても過言ではありません。また、無理に皮から出そうとすると強い痛みを生じてしまいますし、性行為に集中できないというデメリットもあります。

真性包茎の手術をしないまま放置しておくと、恥垢が原因となって亀頭の痒みや赤みの原因になることも考えられます。また、不衛生な状態が続くわけですから性病にかかりやすいリスクもありますし、放置しておくと亀頭炎や包皮炎などになってしまう可能性も懸念されるでしょう。さらに、セックスのときもパートナーに十分な刺激を与えることができないため、不仲になってしまう可能性も考えられますし、それが原因でコンプレックスになり勃起不全になるということもありえます。このように、真性包茎を放置してしまうとさまざまなリスクが発生してしまう恐れがあることを覚えておいてください。